PEOPLE

古平賢志
KENJI KODAIRA

食事の空間を多ジャンルのコミュニケーション装置と捉え実店舗のリリースやインスタレーション、ケータリングなどを実施しています。
2019年より千葉県松戸市の松戸駅で「tiny kitchen and counter」という4坪の極狭の劇場型スタンディングフードバーをオープン。
全国の生産者に直接会いに行って仕入れた野菜やジビエなどをお任せコース料理にて提供しています。

 

Kenji Kodaira considers the eating space as a multi-genre communication device and conducts actual store releases, installations, and catering.

In 2019, he opened an extremely small 13 square meters theater-style standing food bar called “tiny kitchen and counter” at Matsudo Station in Matsudo, Chiba, Japan.

Vegetables and gibier purchased through direct visits to producers throughout Japan are served in courses.