PEOPLE

梅原 徹
TETSU UMEHARA
artist / musician

1996年神奈川県横浜市生まれ。美術家/音楽家。都市・環境のリサーチやフィールドワークを通し、音と空間のコンポジションを行う。

建築都市論や音響社会学、ノーテーション技法としての音などに関心を持ち、ときには演劇や映像などとのクロスジャンル的な制作も展開している。ドイツ/デュッセルドルフでの在住経験を経て、2018年横浜国立大学理工学部卒業。2020年東京藝術大学大学院美術研究科修了。

主な活動として「BankART AIR 2015」(BankART StudioNYK, 横浜, 2015)での滞在制作、「ヨコハマトリエンナーレ2017」(横浜美術館, 横浜, 2017)における会場構成リサーチアシスタント、ドリフターズインターナショナル「リ/クリエーション」への参加など。また東京藝術大学在学時に同大学より吉田五十八賞、アートの力賞受賞。

 

Born in 1996, Yokohama, Japan. Artist and musician. Through research and fieldwork on cities and environments, he composes sound and space.

He is interested in architectural urbanism, acoustic sociology, and sound as a notational technique, and occasionally works in theater and He is also developing a cross-genre style of production with video and other media. After living in Dusseldorf, Germany, he graduated from the Faculty of Science and Engineering, Yokohama National University in 2018. He graduated from the Graduate School of Tokyo University of the Arts in 2020.

Main activities are “BankART AIR 2015” (BankART StudioNYK, Yokohama , 2015) and a residency at Yokohama Triennale 2017 (Yokohama Museum of Art, Yokohama, 2017) in Venue Configuration Research Assistant, Drifter’s International “re/ Participation in “Creation” and others. When he was a student at Tokyo University of the Arts, he received the Isoya Yoshida Prize and the Power of Art Award from the same university.

ACTIVITY

[アーカイブ]MATSUDO “QOL” AWARD
[Archive]MATSUDO “QOL” AWARD

昨年から始まったMATSUDO AWARDでは、松戸市にゆかりがあり、作品制作の意欲があるアーティストを対象にした公募・制作支援を行なってきました。
今年は現在の状況を鑑み、”アーティスト人生のうちのコロナ禍中3週間をPARADISE AIRで過ごして頂き、松戸での制作体験を創・・・ more