PEOPLE

ロヤチャンプルー
LøYA CHAMPLOO
music group

“Løya”とはインド洋のレユニオン島におけるフランスの伝統音楽の「マヨラ」に由来し、”Champloo “は沖縄の方言で、「ごちゃまぜ」を意味する。 ジャズやファンク、エレクトロロック、伝統音楽などに影響を受け、音楽を自由なアートとして表現する。 英語、ギリシャ語、日本語、ヘブライ語、フランス語、クレオール語、インドネシア語、ポルトガル語など様々な言語で歌う。 2019年1月にファーストアルバム『Terra Nocta』をリリース。 現在は、Primal Nature、自己解放、原始的な相互作用、人類学などのテーマにアプローチする新たな楽曲をかいている。
“Løya” comes from the French traditional music “Maloya”, from Réunion Island in the Indian Ocean.

“Champloo” is a word from Okinawa, Japan, which refers to “Mixing”.

Their music is a free art, inspired from Jazz as well as Funk/Electro-Rock/Traditional music..

Lyrics are sung in several languages (English, Greek, Japanese, Hebrew, French Creole, Indonesian, Portuguese…)

Their first album “Terra Nocta” was released in January 2019.
Currently, they are writing new material, approaching subjects like Primal Nature, self liberation, elementary forces, and anthropology.