PEOPLE

迫 竜樹
TATSUKI SAKO
artist

1994年広島県広島市生まれ。疑問、習慣、備忘録、誤読、などを主題とし、自身を取り巻く環境の多視点的な観察を通じて、立体、映像、絵画、アニメーション、などの媒体で横断的に制作活動を行っている。また共同体「ぼくらとみんなは生きている」ではYouTuberのとして持続可能性やなぜ制作を続けるのかなどの根源的な問いかけをYouTubeを通じて日々更新している。2020年武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース修了。

主な展覧会に、コーヒー飲みに行こうや(MIDORI.so GALLERY/2019) 、そこの角を曲がって(galleryDEN5/2019)、ぼくらとみんなは生きている5~持続可能な愛のステージ~(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA/2019)、ぼくらとみんなは生きている10~豚の旅ともいいきれない~(四谷未確認スタジオ/2020)などがある。

ACTIVITY

[アーカイブ]MATSUDO “QOL” AWARD
[Archive]MATSUDO “QOL” AWARD

昨年から始まったMATSUDO AWARDでは、松戸市にゆかりがあり、作品制作の意欲があるアーティストを対象にした公募・制作支援を行なってきました。
今年は現在の状況を鑑み、”アーティスト人生のうちのコロナ禍中3週間をPARADISE AIRで過ごして頂き、松戸での制作体験を創・・・ more