PEOPLE

佐藤公哉
KIMIYA SATO
musician

佐藤公哉
北海道生まれの音楽家・作曲家。シュルレアリスムの影響から幼少より画家を志し、後に音楽へ転向。
祖母の詩吟、お寺の読経や賛美歌などを原体験とする声楽は歌唱とボイスパフォーマンスの双方で高い評価を得る。ヴァイオリン、ビオラ、ハルモニウム、パーカッションなどを奏するマルチプレイヤーでもある。様々な地域性/時代性の入り交じる室内楽を得意とし、クラシック、ポップス、ジャズ、ペルシャ音楽、ブラジル音楽、アフリカ音楽、雅楽などの音楽家と共演。映画音楽、舞台音楽、地域に密着したプロジェクトも手がける。子供たちとのワークショップ「音のてらこや」や、ネットワーク「Torus Vil.」を主催。主な所属グループはバンド「表現(Hyogen)」、デュオ「3日満月」など。2017年よりソロ・パフォーマンスを開始。東京藝術大学音楽環境創造科卒業。
http://satokimiya.blog.fc2.com/

 

Musician and Composer

Born in Hokkaido, Japan.

Early exposure to his grandmother’s shigin (a type of Japanese poetical singing), and personal experiences with the chanting in Buddhist temples and the hymnal singing in Christian churches has led Kimiya Sato to create and explore his own personal type of vocal expression. He also plays the violin, viola, and a variety of percussion instruments. 

Kimiya organizes the project/network “Torus Vil.” It aims to research traditional culture and art while creating a cultural edge that is needed today. Torus Vil. mainly produces music, as well as planning, organizing, performing, and directing concerts, stage performances, workshops, and exhibition