NEWS

[QOL]第②期招へいアーティスト決定
[QOL]Resident artists for the 2nd term

PARADISE AIR

国籍を問わず、松戸駅から60分圏内に住むアーティストを公募しているMATSUDO “QOL” AWARD
第②期の招へいアーティストは下記の三名に決定しました。

梅原 徹
美術家・音楽家/横浜市在住

安野太郎
作曲家/さいたま市在住

黒田恵枝
アーティスト/松戸市在住

滞在期間:2020年7月14日(火)〜8月4日(火)

当初は緊急事態宣言下でも実施できるよう1名を選出する予定でしたが、現在の日本の状況をふまえそれぞれの部屋を用意し適切なソーシャルディスタンスを設けられるよう準備することで、複数人を招へいしています。
アーティスト達はそれぞれに探求したいテーマを持ち、滞在を行ないます。PARADISE AIRもより充実した生活になるようサポートしていきます。今後の情報にもぜひご注目ください。

 

We are pleased to announce that the following three artists have been selected for the second term of the MATSUDO “QOL” AWARD.

Tetsu Umehara
Artist, musician / Based in Yokohama

Taro Yasuno
Composer / Based in Saitama

Yoshie Kuroda
Artist / Based in Matsudo

Residency Period: Tuesday, July 14 – Tuesday, August 4, 2020

We initially planned to select one artist to enable the program held under the Declaration of a State of Emergency, however,  as a response to the current situation in Japan, we have decided to invite some artists at the same time. And private rooms has been prepared for appropriate social distance.
Selected artists will have their own theme to explore during their residency and PARADISE AIR will continue to support their QOL. Please keep your eyes on us.